メロン「極」をサングリーン旭で確実に買うには 茨城県鉾田市 - まるの日

話題

メロン「極」をサングリーン旭で確実に買うには 茨城県鉾田市

更新日:

茨城県の旧旭村のプレミアメロン「極(きわみ)」を買いに、サングリーン旭まで行ってきました。

サングリーン旭で列に並んで買いましたが、同じ列に居ても買えない人もいました。

サングリーン旭で、確実に極メロンを買うにはどうしたらいいでしょうか。

今回わかった方法を記録してお知らせします。

スポンサーリンク





茨城県のプレミアメロン「極」とは

今回、茨城のプレミアメロンをどうしても買いたいと思ったのは、お世話になっている親戚に贈るためです。

テレビ朝日のグッドモーニングで紹介されたので、早速メモを取り、販売しているサングリーン旭まで行って買いました。

極メロンの価格と取り寄せ情報については前の記事をご覧ください

糖度18度以上の「幻のメロン」

プレミアムメロン「極」は、従来のメロン、アンデスメロンまたはクインシーメロン他から、光センサー糖度18度以上のメロンを選別したものだということです。

18度以上のメロンというのは、全体の1%以下だということで、それだけ貴重なものです。

果物の贈り物は、当たり外れがあって、なかなか難しいものなのですが、大きさや形は勿論のこと、プレミアメロンとして、JAが選別。

また、糖度の他、生産者名、収穫日などを記したカード共に、「極」と記した、箱に入れてありますので、特別なメロンだということが一目瞭然です。

JAの御墨付のメロンですので、安心して、贈答品として送ることができます。

 

極メロンを販売 ”サングリーン旭”

極は、よく”旭村のメロン”と言われますが、旭村は、旧地名であって、現在は、鉾田市(ほこたし)に統合されています。

極が販売されているのは、旧旭村にある JAの販売所”サングリーン旭”というところです。

実際に行く前にいろいろ調べましたが、結局、極メロンはサングリーン旭でしか、買えないようです。

サングリーン旭の場所

サングリーン旭は、大きな道路の道路沿いにあり、わかりやすいところにあります。

周辺の交通量は多くはありませんが、一本道のために、時間帯によっては、速度を出す車もありますが、混雑はほとんどありません。

サングリーン前の道路

 

サングリーン旭の住所

〒311-1426 茨城県鉾田市樅山602−6

公式サイト

http://www.sungreen-asahi.jp/

 

サングリーン旭での極メロンの買い方

サングリーン旭に行けば、極みメロンが必ず買えるのかというと、けっしてそうではありませんでした。

せっかく遠くから行っても買えないのは残念ですので、極メロンを必ず買うにはどうしたらよいのか、今回得た情報と、体験したことをお知らせします。

サングリーン旭に問い合わせ

まず、最初にサングリーン旭に、前日の昼に電話を入れて問い合わせをしたところ、次のように教えていただきました。

―きょうはメロンがありますか

「売り切れました」

―明日は入りますか

「はっきりとは言えませんが、入ると思います」

―何時ごろに行ったら買えますか?

「それも、はっきりとは言えませんが、入ることは確実です。きょうは100個入って10時に売り切れました。明日は何個入るかは、わかりません。」

 

その後のやりとりで、「開店は9時で、その後1時間で売り切れてしまう」ということが分かったのです。

なので、開店よりも前に行って、並ぶことにしました。

メロンが7分で売り切れ

ただし、私が実際行ったときは、積んである極メロンがなくなるまでは、1時間よりももっと短いどころか、たった7分間でした。

混雑して人々が争っているわけではありませんが、順番に箱を手に取っていって、亡くなるまでが7分でした。

JAの人が言う1時間というのは、そういう意味ではなくて、最初のメロンが到着したのを並べてなくなるまでが10分以内、その後、入荷があったため、それも含めて1時間ということのようですが、入荷の時間、入荷する個数については、常に未定のようです

以下は実際の体験を記します。

極メロン購入体験! 当日のサングリーン旭の状況

当日、私が家人の運転でサングリーン旭に着いたのは、8時40分頃。

サングリーン旭の正門はこちらですが、私たちが止めたのは、右側にある駐車場の方です。

正門から見て右側の空き地が駐車場です。

メロンの形をした屋根の建物は、トイレです。 駐車場はこの裏側にあたる、車が停まっているところです。

開店は9時ですので、ゲートは閉まっているので、こちらの駐車場にしか停められません。

メロンを買う人が並ぶゲート前

メロンを買う人が並んでいたところは、ここ。

精米機と自動販売機の間に、サングリーン旭に通じるゲートがあります。

現在は開いていますが、このゲートは9時までは閉まっており、私が着いたときは、傘を持った人が並んでいました。

その日は朝から雨が降っていたので、そのためもあるのか、その時点で並んでいた人は、私たちの前に10人くらいでした。

もっとも、2人ずつの家族もおられたと思います。

並んでいる間には、後ろの男性とお話しもしましたが、土地の方のようでしたが、それでも並んで買いに来るとのこと。

高価なので贈答品としてお求めだそうです。

サングリーン旭は9時開店

9時になると、ゲートが開いて、JAの人が買い方を説明。

「どこかに発送をしたいという人は、先に伝票を書いてからレジに並んでください」

ということでした。

そのお話をしながら、メロンの箱が積まれてているところが見えましたが、だいたい、60個くらいだったと思います。

メロンを買いたい人は、整然と列に並び、混雑するというようなことはありませんでした。

ただし、私たちの後ろにも、15人くらいの人が並びましたが、後ろの10人くらいはせっかく来ても、その時点では買えなかった様子でした。

開店前から列に並んでも、確実に買えるとは限らないのです。

列の後ろはメロンが買えない!

その人たちはにJAの人が説明しましたが、

「入ることはわかっているが何時に何個入るかわからない」

ということでした。

せっかく来たのに気の毒な事でした。

ちなみに、私たちが買ったのは、贈答用の1箱だけでしたので分けてあげることもできませんでした。

極メロンが買えない理由

並んでいたのは、30人はいなかったし、たいていの人は家族連れでした。

せっかく並んでいたのに、全部の人がメロンが買えなかった理由はというと、まずは、極メロンは、やはり、数が少ない希少なメロンであるということが一番に上げられます。

次に、少ないメロンに対して、1人が一つ以上のメロンを買っていることがあげられます。

台車を出して、一家族で5箱買っている人や、中には10箱くらいを積んでいる人もいました。

そのため、並んでいる人が、そうたくさんいるわけではなくても、60箱くらいのメロンですので、後ろの人には行きわたらなくなります。

なので、メロンを必ず買いたいという時には、列の前の方に並ぶ必要があります。

メロンは再入荷もある

ただし、メロンが買えなくても、がっかりするには及びません。

鉾田市の周辺のメロン農家は1軒だけではないので、その後にも、メロンを持ってくる農家さんがいるようで、入荷があり次第、メロンを選別、次の極メロンが並ぶ可能性は十分にあります。

前日、サングリーン旭に電話で問い合わせた時には、「100個」と言っていましたが、単純計算で、第一陣が60個とすると、次にまた40個くらいは入荷することになります。

なので、最初の販売で買えなくても、次の到着に合わせて更に待っていれば、次は間違いなく買えそうです。

それが「いつ、何時になるかわからない」というのは心配ですが、農家さんが持ってくるのは、午前中早い時間が予想されますので、遠くから行かれた方は、あきらめずに待ってみるのがいいと思います。

あるいは、間違いなく早く買いたいという場合は、9時開店前に到着して、最初の10人~20人以内くらいに入れば、まず、メロンが手に入るのではないかと思います。

サングリーン旭は、もちろん、他のメロン、それから、スイカもたくさん入荷されて並んでいます。

また、野菜類も、新鮮なものが安価で販売されていますので、そちらもおすすめです。

メロンと合わせて、ぜひお買い求めください。







関連記事

-話題
-

Copyright© まるの日 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.