まるごとメロンケーキの作り方 カスタードと生クリームを重ねて - まるの日

ケーキ

まるごとメロンケーキの作り方 カスタードと生クリームを重ねて

投稿日:

まるごとメロンケーキ、老舗のお菓子屋さんの話題のケーキを叔母が試作。市販品以上のボリュームに出来上がりました。

まるごとメロンケーキの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク




まるごとメロンケーキとは

https://hitachi-sweets.jp/category/sweets_recomend/marugoto_cake/

茨城県に住んでいる叔母が、地元で話題のまるごとメロンケーキを真似て作ったというので、びっくり仰天。

送ってもらった写真を見て、ますますびっくりしました。

もっとも、叔母のいうところによると、「そんなに難しくない」んだとか。

元々のまるごとメロンケーキはこちら

まるごとメロンケーキ 日立市いちかわのメロン1個のケーキ

 

叔母の作ったまるごとメロンケーキ

叔母が作ったというのがこのケーキです。

たしかにこれはメロンケーキ!

心なしか、上にのったメロンが分厚いような…

本家本元も驚いてしまうのではないでしょうか。すごいスゴイ。

叔母のメロンケーキの中身

メロンケーキの中身はどうなっているのかというと、これが断面図です。

フォークと比べると案外大きなメロンですね。

この大きさに切り分けて、家族でいただいたらしいです。

中身は、スポンジに生クリーム、、あとはカスタードクリームだそうです。

メロンケーキの作り方

叔母に聞いた作り方です。

1.ステンレスの先が薄い大きなスプーンで、形よくメロンをくりぬく。

このメロンは後で使うので、薄さは薄くてもいいのですが、半円を描くようにくりぬいてください。

メロンのくりぬきは、果肉を皮につける程度でいいのですが、叔母の場合は、割と厚めに1センチは残しているようですね。

2.焼いておいたシートスポンジケーキをメロンの底に敷く。

叔母の場合は、中央のへこんでいるところは2段に敷いたようです。

※シートスポンジケーキの焼き方は 下の記事を参照してくださいね。すごくおいしくできますよ。

3.スポンジケーキの上に生クリームを伸ばしてのせる

結構集めの1センチ~2センチくらいだそうです。

4.作っておいたカスタードクリームをのせる

※カスタードクリームの作り方は下の記事で

5.スライスしたメロンの薄い方をのせ、その上に見た目の良いメロンを全体を覆うように、山形になる用にのせる。

6.水45cc、砂糖小さじ2、粉ゼラチン小さじ1で作ったナパージュ液を塗る

※ ナパージュ液:水と砂糖を沸騰直前まで加熱して煮溶かしたら、ゼラチンを振り入れて溶けるまで混ぜる。液が固まる前にメロンに塗りましょう。

おいしそうではあるのですが、カスタードと生クリームと、クリームが2種類というのが案外大変かもしれません。

それ以外のデコレーションの手間はないので、叔母曰く、それほど大変ではないそうですよ。

ナパージュ液は、叔母はメロン果汁を入れて作ろうとしたら、ゼラチンが固まらなかったので、寒天で作ったというのですが、果物のメロンの味は十分出ているので、果汁を入れることにこだわらない方がいいと思います。

画像は大きなメロンですが、小ぶりなメロンで一人ひとつずつ作ってもいいですし、スポンジは、市販のものを利用するともっと早くできそうです。

お手頃のメロンが手に入ったらどうぞおためしくださいね。







関連記事

-ケーキ

Copyright© まるの日 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.