ハンドウォーマー、リストウォーマー作品 小瀬千枝さんアイリッシュローズ - 料理と暮らし

編み物

ハンドウォーマー、リストウォーマー作品 小瀬千枝さんアイリッシュローズ

投稿日:

ハンドウォーマーの編み物の紹介です。

ハンドウォーマーとリストウォーマーは、スマホが全盛になってからは手袋以上に流行となりました。

これまでに編んだものの中から小瀬千枝さんのパターンにあるものを紹介します。

ハンドウォーマー 小瀬千枝さん

こちらは小瀬千枝さんの本にあったものです。

小瀬千枝さんはニット作家さんなのかな、アイリッシュレースの本や、他にもニットの本を出されていますね。

上のパターンは、その最も最初の2005年頃のものです。

created by Rinker
¥157 (2020/01/22 18:01:58時点 Amazon調べ-詳細)

今は編み物の本はたくさん出ていますが、この頃のアイリッシュレースの草分けのような本です。

今はこの本は絶版になっているようですね。

本にあるものなので、編み図はご紹介できませんが、慣れた人なら同じように作れると思いますので、概要をご紹介しておきます。

ハンドウォーマー使用材料

上の作品の使用材料です。

・中細毛糸 ウール100% オフホワイト

・かぎ針 2~3号

出来上がりサイズ

・長さ約14センチ

・周囲19センチ

・モチーフ厚み1センチ

ハンドウォーマー編み方概要

それほど凝ったものではなくて、割と簡単に編めます

真ん中に、アイリッシュモチーフのローズのモチーフ。

花なんですけれども、「ローズ」というパターンの名前です。

要するに、この編み方のものは、アイリッシュレースでは全部がローズという名称らしいですね。

ローズの周りを四角に整えたモチーフを、手の甲に当たる中心に配置。

3つ並べたものをまず作ります。

その後は、手の幅で、長編みを横にずっと編んでいきます。

詳しく言うと、右から左に長編みを編んだら、裏返して、細編みを1段編んで戻り。

また同じ方向に長編みを編みます。

つまり長編みをいつも同じ方向に向かって編みます。

そうすると編み目の方向も、一定になるんですね。

上は面倒なので長編みだけで編んでいますが、長編みと細編みを両方使った方が編み目がきれいにそろいます。

本にはなかったのですが、指穴をあけました。

最後に、長編みの周囲に細編みのピコット入りの縁編みを編みます。

リストウォーマーとハンドウォーマーの違い

本当は、この場合は、もっと下を長くしてもよかったですね。

リストウォーマーとハンドウォーマーは、たぶんそこのところに違いがあって、リストウォーマーだったら、手の下部に装着するので、短くてよいようです。

一方、ハンドウォーマーというコンセプトで作られているものは、指から手首までの長さとなるので、指の分が長いということになりそうですね。

逆にあまり長いと服と重なってもたつくので、自分の好みで作ってみてくださいね。

花の部分を、色違いにしてもかわいいと思います。

本に会った通りのオフホワイトは、白できれいなのですが、その分汚れやすいので、別なお色でも作ってみたいパターンです。

 





関連記事

-編み物
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.