レース編み「生成りのストラップ風ブローチ」無料編み図と編み方 - 料理と暮らし

編み物

レース編み「生成りのストラップ風ブローチ」無料編み図と編み方

投稿日:

こんにちは。なな子です。
今日は、かぎ針と太めのレース糸でさくさく編んで作る「生成りのストラップ風ブローチ」。
編み方と無料の編み図のご紹介です。

生成りのストラップ風ブローチ

花だけではなくて、花の下に、ゆらゆら揺れるモチーフがあるものが、あるときから流行っていた気がします。

短時間で簡単に作れますし、玉実のモチーフの数は減らしてもいいです。

生成りのストラップ風ブローチ 材料と道具

材料と道具から。
「生成り」の部分は、別な色でカラフルに作ってもだいじょうぶです。

お好みの色、手持ちの材料で、お好きに作ってくださいね。

レース糸と針

生成りのレース糸 20番 10gくらい
薄茶のレース糸 20番 5gくらい

レース針 0号
とじ針(レース糸が通るやや太めの針)

普通の針
白または生成りの糸

他の材料

中綿少々
生成り色のウッドビーズ 1個
8㎜のパールビーズ 1個
ブローチピン (3.5mm) 1個

出来上がりサイズ

長さ13センチ、横幅6センチ 厚み1センチくらい

 

生成りのストラップ風ブローチ 編み方と作り方

1.花モチーフ1つを生成りの糸で編み、玉実のモチーフ生成り3個、葉の モチーフ、ベージュ1個を編み、紐4本をそれぞれ実と葉につけます。

2.葉のモチーフの紐には、ウッドビーズ1個を通します。

3.紐の端に残しておいた糸で、花モチーフの裏に紐をとじつけます。

4.花モチーフ裏側にブローチピンを針と糸でつけます

花の編み図

 

葉の編み図

 

紐の編み図

 

数字の単位は、センチメートルです。

玉実の編み図

糸端を残しておいて、最後の鎖編みの半目(鎖の中に針を通す)をすくって絞る。

糸の端は玉の中に入れて切る。

残しておいた糸の端を玉に2回くらい通して、玉留めを玉実の中に通して隠し、糸端を切る。外から見えなければよい。

裏側にブローチピンをつける

この辺りの位置に、同じレース糸、または、普通の糸で付けてください。
太めの糸の方が安定します。

表のはなの中央には、パールビーズを付けてください。大きめのパールが映えます。

 

それでは、楽しく編んでみてくださいね!

たくさん編みたい人はこちらの糸もおすすめ。

スポンサーリンク

関連記事

-編み物
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.