マフラーを編むのにチクチクしないおすすめの毛糸はどれ?「花いっぱいのマフラー」編み方 - 料理と暮らし

編み物

マフラーを編むのにチクチクしないおすすめの毛糸はどれ?「花いっぱいのマフラー」編み方

更新日:

こんにちは。なな子です。
まだまだ、寒い日が続いています。冬にマフラーを作りたいという方も多いと思います。
けれども、せっかくマフラーを編んだのに、出来上がって首に巻いてみたらチクチクしてがっかり、ということはありませんか。

ネットでマフラーを販売するに当たって、何とかチクチクしない毛糸を探し当てました!
以前編んでいた、花いっぱいのマフラーと、その作り方も一緒にご紹介します。

マフラーにチクチクしない毛糸とは

一般的に毛糸は素肌に触れると、ほとんどのものがチクチクします。
ある程度、値段の高いものを選んだとしても、避けられません。

人にも依りますが、「メリノ」や「天然素材」であっても、まずチクチクを疑ってください。
チクチクが避けられるのは、私の知る限りは下の2つです。

 

一番は、カシミア系の毛糸。

いわゆる「ぬめり感のある」と言われる、とろんとして柔らかい手触りの毛糸です。
細めの毛糸が多いので、薄手の仕上がりになります。

価格は高めで、良いものは1玉が2000円くらいしますが、ちゃんと作るならおすすめですね。
プレゼントならまず間違いないです。

ヨコタの「やわらかラム」はチクチクしない

販売するものの場合は、マフラーに何万円というわけにもいかないので、あくまで価格は抑えたい。

なので、カシミアに似たような手触りのものを、やっと探し当てました。

 

【ダルマ】やわらかラム
品質:アクリル60% 毛40%(ラムウール)
重さ・糸長:30g玉 約103m
参考使用針:
棒針 4~6号
かぎ針 5/0~6/0号

標準ゲージ:
棒針(メリヤス編み)22~23目 30~32段

売り物なので、黒と白しか使わないのですが、この糸は、とにかく色が豊富で、発色がきれい。

全部でなんと31色あります!

これで本体を編んだ場合は、まず、クレームが来たことはありません。

 

花モチーフいっぱいのマフラー 作り方

編み方は難しくありません。
まず、棒針で細めのマフラー本体を編んで、かぎ針で編んだ花のモチーフをつけるだけです。

マフラー材料

本体は、やわらかラム 【毛糸】【ダルマ】やわらかラム PART1 合太毛糸。棒針編みです。

ゲージを取って、幅に合わせてください。

本体は合太毛糸

太さは合太毛糸がおすすめです。
モチーフをたくさんつけるので、マフラー本体が薄くても厚くてもバランスが悪くなります。

モチーフは、全部、中細毛糸です。かぎ針3号から4号で編みます。
ややきつめに編んだ方が型崩れしません。

モチーフは中細毛糸

色がたくさん必要なので大変そうですが、これも中細毛糸のおすすめ、日本製!お買い得品!ウール100%の純毛中細タイプ。【毛糸】【ピエールファミリー】ウールM 純毛中細があります。

1玉が220円なので、これだとたくさん揃えてもだいじょうぶです。

 

 

マフラー本体のサイズ

マフラー本体は、全長は約120センチ、幅約12センチです。
120センチあれば、首の周りに1回ぐるっと回すことができます。

編み方は一目ゴム編みで、難しいことはありませんが、それだけに案外大変です。
本体だけで、どうしても4時間はかかった憶えがありますが、面倒なら、ショートマフラーでもできます。

ショートマフラーのサイズ

このサイズだと、首周りに人巻きすることはできませんが、ピンで留めて、花が胸または首回りを飾るように調整できます。

長さは80cmです。
120cmと比べて、40cm少ないと、編み時間は3時間くらいか、1時間短縮できます。
元々、がっちり防寒というよりは、オシャレなので、この長さもありですね。

 

花モチーフの種類

モチーフの種類

モチーフの数と種類は下の通りです。
モチーフはすべてかぎ針編みです。

シックな色を使って、アクセントの玉だけを赤系を使います。

下に示す数は、マフラーの片側だけの数で、左右対称につける時は、この倍の数を編みます。

・モヘヤの花 大 紫とベージュ 1つずつ
・花大 ベージュ 1つ
・花中 グレー1つ
・花小 中央が白 クリーム、ベージュ、茶 各1つずつ3つ
計 7枚

葉 アイリッシュレースの編み方 緑4枚、ごく薄いグレー2枚
計6枚

玉 赤1つ エンジ2つ
計3つ

花と葉、玉モチーフの配置

配置はおおむね上の通りです。

先に葉をつけながら、花を重ねるようにつけていきます。
ぜんぶ本体と同じ黒い細い毛糸で、マフラーの上に形が保たれるように、ところどころ縫い留めながらつけます。

「花いっぱいのマフラー」作り方のコツ

モチーフは、かならずしも同じものでなくていいですし、配置を実際に見ながら、ラフにつけるだけでできます。

その時、次の点を揃えると全体のおさまりがいいと思います。

・花は1段と2段で、大小のメリハリをつける。
・花は色を変えて芯のあるものとないものにする
・地が黒なので全体にシックな色で、玉をアクセントにする

どうぞお試しください。

スポンサーリンク

関連記事

-編み物

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.