ベルギーワッフルのレシピ アメリカンワッフルとの違い ドライイースト仕様で冷蔵発酵も - 料理と暮らし

料理

ベルギーワッフルのレシピ アメリカンワッフルとの違い ドライイースト仕様で冷蔵発酵も

更新日:

 

今朝はパンが切れたので、ベルギーワッフルを作りました。
皆さまはワッフルに丸いのと四角いのと二種類あるのをご存知ですか?
形の違いではなくて、生地の違いなのですよ。

その違いとそれぞれのレシピをを下に説明しますね。

スポンサーリンク

ad

ベルギーワッフルとアメリカンワッフルの違い

私が今日焼いたのはベルギーワッフル。
ベルギーワッフルにはドライイーストが入ります。

そのため、発酵の時間がかかりますが、生地が弾力があって、食べ応えのある感じになります。

ベルギーワッフルの形は?

コンビニでも売られていますが、形はほぼ楕円形です。

ベルギーワッフルの生地は、パン生地よりも少し柔らかいくらいの生地なので、焼くときにワッフルメーカーでぎゅっとつぶすようにして挟むからですね。

ワッフルを焼くワッフルプレートは、表面が凸凹しているので、それにはさんで焼くので、ちゃんとワッフルの模様になるのですね。

アメリカンワッフルはパンケーキと同じ

 

アメリカンワッフルは、よく見るように四角い形をしています。
生地は、ほぼパンケーキやホットケーキと同じで、ふわふわ柔らかいです。

なので、こちらの方が、生クリームやフルーツでデコレーションをするのに向いています。
これはお好みですが、朝食にするには、ベルギーワッフルの方がパンっぽくていいかなと思います。

食事にはベルギーワッフル、おやつならアメリカンワッフルと作り分けています。

ベルギーワッフルのレシピ

ベルギーワッフル 4個分
材料:
強力粉    40g
薄力粉    60g
(中力粉100gでも同様にできます)
砂糖      20g
塩  1g
インスタントドライイースト  3g
無塩パター  25g
卵 1/2個  25g

作り方:
1.ドライイーストにぬるま湯小さじ1を加えて溶いておく。無塩バターはレンジ加熱で溶かしておく。
2.卵にぬるま湯程度に温めた牛乳と砂糖、塩を加えて泡立て器でよく溶き混ぜる。
3.溶いておいたドライイーストを加えて混ぜ、溶かしたバターを加えて混ぜる。
4.粉を加えて、ゴムべらで混ぜ、さらにゴムべらを使ってこねるように混ぜる。生地が均一にまとまればよい。数分程度。粉はふるわなくてもだいじょうぶ。
5.ボウルについた生地をゴムべらでさらってきれいにし、ひとまとめにする。
6.生地をボウルに入れたまま、ボウルにラップをかけ、30度前後の場所で約1時間、2倍くらいになるまで発酵させる。
7.生地をボウルから取り出して、スケッパー、包丁などで4等分し、手で綴じ目を下に軽く丸める。
8.ベンチタイム。丸めた生地に乾燥しないよう布巾等をかけ、10分ほど休ませる。

9. ワッフルメーカーのプレート中央に、丸めたままの生地を置き、ふたを閉めて所定時間焼く。およそ5分程度で焼き上がり。

 

ホームベーカリーを使う場合は、ドライイーストをぬるま湯で溶いた後、全部の材料を入れて発酵まで。取り出した後8から続けてくださいね。

冷蔵発酵でもできる

冷蔵発酵の場合は作って1時間位室温に置いたのち、冷蔵庫の野菜室 (温度7度前後)に一晩置きます。気温が低い時は室内に置いたままでも。

これだと朝ご飯にもすぐ焼けますね。

下はメイソンジャー付き。

 

 

リーズナブルなのも。
長く使うなら上ですが、安価でも、十分おいしいです。

 

 

 

それではおいしく召し上がれ!

ad

ad

-料理

Copyright© 料理と暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.